ALMEC VPI / Planning & Management Consultant

海外の業務

13都市と交通の一体開発計画

  • 駅周辺開発計画
  • 交通結節施設計画・設計
  • エキナカ・地下街・駅ビル開発
  • 都市再開発事業

 都市鉄道は都市の骨格を形成するものとして、その需要が高まっています。その整備と合わせて、日本の沿線・駅前の一体開発のノウハウを活用することで、コンパクトな市街地の形成や公共交通の利用促進、交通費用と環境負荷の低減、開発機会の創出と開発利益還元を実現します。

駅とまちを一体化した整備イメージ【図】
駅とまちを一体化した整備イメージ

日本の駅周辺まちづくりの経験を途上国都市へ

途上国の大都市では都市鉄道整備が進められていますが、都市と交通の一体開発は、単なる交通インフラ整備にとどまらず、安心・安全なモビリティ確保と駅周辺の社会経済開発のために、TOD(Transit Oriented Development、公共交通志向型開発)の考え方をベースに、駅周辺まちづくりを推進するものです。
アルメックVPIでは、国内の駅周辺まちづくりの経験を活かし、ハードとソフト(制度、組織、財源)、政府・民間・コミュニティなどの多様な立場に配慮した、駅周辺開発計画を策定しています。また、都市鉄道建設円借款事業における交通結節施設計画・設計や駅周辺開発業務など、上流の計画策定から下流の事業実施まで、長期にわたる技術支援を行っています。

提供するサービス

  • 乗降客数分析
  • 利用者意識調査
  • 歩行者動線確保
  • 駅前広場設計
  • 事業者・商業者・住民ワークショップ